2017年12月

2017年12月26日

12月23日(土) 稽古日報

なちゅです!いや、木純ナツルです!!いや、なちゅです!!!

はいっ

年越し前に、重点的に稽古しようってことで急遽!土曜に平日と同じ時間で稽古が行われました。
金土日と3日連続だぜ!
肉痛がやばいぜ!!フゥーーー?

普段は日曜稽古しか参加できない、演出(三島卓也先輩)がいる夜開始の稽古っていう珍しい雰囲気。
お陰様で、この時間からダンスシーンや殺陣シーンなども具体的に指導がついていってとても稽古が進んだ感じが。
さらに!ここぞとばかりに!主役と私の役のシーンを集中して稽古!させて、頂き、まし、た。。

大収穫。。。。


詳しくは言えない!!
言えやしないよ、くっくっくっくっ…

本番を観に来てください…。。

自分たちである程度案を持っていくのも楽しいし、それに演出からの正式な後押しがあるのは更に嬉しいし楽しいし力強いですね!!

明日はまた通しまくります。
この日何度も練習した長いシーンも、やるからなぁ。。大丈夫かな。
否!負けぬ!!がんばりやす!!!


tenkiblog at 23:30|PermalinkComments(0)稽古日報 

2017年12月24日

2017年稽古納め

メリークリスマス



 



このブログを読んでいる良い子の皆様はサンタさんからのプレゼントをもらえたかな?



自分へのプレゼントにちょっと大きな買い物をした八雲です



 



2017年もあっという間でしたね



転機与砲も怒涛の20弾プレ公演から始まり、アナザー公演や他団体公演への客演などいろんなことがありました。



下半期からは21弾公演の稽古も始まり、公演日まで2ヶ月余りです。



 



そんな稽古納めとなる最終稽古は午前中から物語後半部分の段取り確認や粗通しを行い、午後からは初の全体通しを行うことが出来ました。



全体通しをすることでやっと見えてくる部分もたくさんあります。



そういった部分を新年稽古初めへの宿題として確認できたのはいい収穫ですね。



ちなみに今回主役をやる八雲は一日稽古でほぼ動きっぱなしのため死にかけでした。



最大の課題はスタミナですね。



 



2018年も劇的集団転機与砲をお願い致します。



それでは皆様、良いお年を





tenkiblog at 18:11|PermalinkComments(0)稽古日報 

2017年12月22日

12月22日(金)

ひゃー寒い!!百武です!!

相も変わらず外は寒いですが、今日も転機与砲は熱い稽古を繰り広げていますよ!!


寒い日には入念にストレッチでケガ予防。走りながらの発生で身体を温めます。
ケガ!ダメ!絶対!

日曜日に行われる通し稽古のために段取り確認と周知。そして、シーンのクオリティをあげるぜ!
どうやったらシーンが良くなるか。
良くなる、というのは何をもってして良いのか。
もっと熱く。もっと迫力を。もっと緊迫感を。
カッコよく見せるためには。かわいく見せるためには。綺麗に見せるためには。
それらを演出から、演じている役者から、見ている人から意見、案を出し合い、みんなでシーンを作り上げていく。

お芝居っていいなぁ?、なーんて思ったり。

wind?二人のエース?

是非観に来て頂きたい!!みんなカッコいいですよ!!

3月3日、4日。寒さで震えた身体を、このお芝居を観て熱くなっていって下さい!!!


以上!百武豪が稽古日報をお送りしました!じゃあね?


tenkiblog at 23:47|PermalinkComments(0)

12月15日の稽古

どうも皆さんこんばんは寒いですねえ。 こんな時は稽古だ!



だが、稽古に参加した人数は5人と少ない!というのも最近転機では風邪が流行ってまして体調不良者が続出。



なので、参加しているメンバーのシーンを強化する事になりました。



私もその一人です。いつもの稽古ではダメ出しもされず流されてしまうシーンも今日はみっちりとやれます。だって人数が少ないし、出来るシーンが無いのだもの。



どのシーンもそうなのですが、稽古をすればするほど良くなる。



少ない人数だからこそ出来る稽古でした。



こういう稽古も偶には必要だと思う冬の夜





歩空 譲治でした。


tenkiblog at 14:42|PermalinkComments(0)稽古日報 

2017年12月10日

12月10日日曜日の稽古模様/D-BLACK

先週から日曜日の稽古は朝10時から開始となっているけれど、



先週お休みしたので、この日が最初の朝から稽古となりました。



 



体調不良が続出している折でもあり、ま、なかなか朝から多くは集まれない様子。



 



それでも、「決まっている配役の役者とは別の人が演じるのを観る」など、



演技の枠が固まりがちでもあるこの時期、そこから抜けるヒントを得る機会を設けてみたりと



人が足りなくてもできることはいろいろ、あります。



 



自分のことを語ってみると……今回2年ぶりぐらいに役を演じるわけですが



基本的には、迷いなく臨めていると思います。



そのなかで挙げるなら、まだ、挑戦というか冒険というか遊びというか……が、足りないかなと。



もっと自由に、伸びやかに、アイデアを実践していきたいところだけれど、



どうにも、緊張しぃな部分がそれを妨げている感覚。



苦手な表現というのがあって、そこはまだ稽古の場数が必要かなと思っています。



 



 



さてさて、今年もあとわずか。



そろそろ体調も回復してきてもらって、



皆が揃った良い稽古で今年を締めくくれたらなーと願う次第であります。





tenkiblog at 23:59|PermalinkComments(0)稽古日報