2014年09月

2014年09月29日

9月28日(日)公開稽古 有賀

約半年ぶりの基礎稽古であり、一般公開の体験稽古日でございました。
参加者は18名、見学者含めると20名を越える大人数で大盛況の転基地でした。
以下内容

1 柔軟、筋トレ、発声
これね、基礎稽古ていつも久々にやるから皆体がなまってるんだよね。悲鳴がそこかしこから上がるけど多分毎日やれば慣れてくるよ。基本、体のメンテナンスやからね。

2 マット運動
別に体操を舞台でやる為にやるんじゃなくて、危険な状態でも最低限の安全を確保するのが主目的。更に自分の体のコントロールができるようになれば一石二鳥。おまけで舞台で見せれる技が習得てきたらいいな、くらいで考えております。
でも皆なんか楽しそうにコロコロ転がってまるで小学生に戻ったみたい。

3 ステップ
ダンスの基礎になるいくつかのステップやターン等。
転機では毎回なんらかの躍りが入るけどいつも四苦八苦。だって稽古であまりやらないから。て事でわずかずつでも基礎稽古にダンスの要素を入れて行きました。
これは出来る人と全く出来ない人の両極端。
ダンス経験者にしてみれば簡単過ぎ、未経験者にとっては難し過ぎるみたい。ああ、教えるって難しい……

4 ストロボ、ミラー、エチュード
瞬間的に動きポーズを作る、これがストロボ。慣れないと変なポーズで固まってこけたりついつい笑ったりしますがお題を与えてポーズしてもらうと何かそれぞれに個性が光って見ごたえありました。また、チームに別れてのストロボバトルはもう少し見ている人を意識してくれたら ただそれだけで見世物になりそう。新しいアイディアが閃きそうです。
ミラーは二人一組で互いの動きを模写する稽古。自分でやってる動きが実は全然模写じやなかったりタイミングがズレズレで時間差の鏡になったりとこれまた難しい稽古でした。
最後、エチュードは台本のない即興芝居。テキトーなお題で舞台を作る面白くもあり恐ろしくもある稽古。
これは引っ張る人の善し悪しや、話を理解してくれる人の有る無しで出来は全然変わります。いかにシチュエーションを共有するか、自分の役割を共演者に伝えるか。これが重要。なぜなら、共演者にすら伝えられないものを、換気に伝える事など出来はしないからです。

色々やって四時間があっという間。まだまだ暑い転基地の中、皆さん汗びっしょりになって頑張って下さり本当にありがとうございました。



tenkiblog at 01:18|PermalinkComments(0)

2014年09月24日

今後の転機与砲の活動予定

9月も終わりに近づき、大分夜は寒くなってきましたね。
第17弾公演「ソウル・トリガー」の片付けや打上も終わり、とりあえずは一段落。

さて、10月からは通常稽古の再開と共に、いくつかイベントの参加が決まっております。
是非、秋以降のおでかけの参考にしていただけると幸いです。

1.就実学園 110年祭(シンフォニーホールにて、11月15日)
就実学園の歴史についてのお芝居を上演予定です。
15分ほどのお芝居になる予定です。


2.熊田恰のお芝居(玉島羽黒神社、11月29日・30日)
昨年も同じ時季に上演した、幕末の備中松山藩老中「熊田恰」に関するお芝居にスタッフとして参加します。
玉島羽黒神社に特設ステージを設置しての上演になりますので、普段のお芝居とはちょっと趣が変わっていて面白いですよ!


3.オペラ歌手種田さんのコンサートでコント上演?(里庄、来年5月頃)
少し先の話にはなりますが、岡山のオペラ歌手・種田光洋さんのコンサートにてコントを上演予定です。
種田さんのコンサートは毎回趣向が凝らされていて、親しみやすいステージになっています。



役者・スタッフとして参加するスタッフが決まりましたら、また客演情報などでお知らせする予定です。
 


4.次回公演 第18弾公演「AQUA」の公演が決定!(倉敷市芸文館アイシアター、来年4月11日・12日)
お待ちかねの次回公演が決定しました!
17弾公演でも仮チラシの配布と次回予告を上演いたしましたが、次回は海や水に関わる舞台になりそうです。
どんなお芝居なのか、まだ演出さんと脚本家さんしかしらないので、皆楽しみに待っています。
11月か12月頃から製作を開始する予定です。
キャストや物語の詳細など、今後随時お知らせしてまいります。
是非、お楽しみに。

 



公開稽古のスケジュールを発表させていただきましたが、

まだまだ受付は間に合いますし、当日の参加も可能ですので、
是非お気軽に遊びにきていただければ幸いです。



2014年09月18日

体験稽古開催します!(9/28(日) 13~17時・10/5(日) 13~17時)

劇的集団転機与砲 第17弾公演「ソウル・トリガー」も無事に終わりました。
ひとえにご来場頂いたお客様、関係者の皆様のおかげです。
誠にありがとうございました。


さて、9月28日(日)と10月5日(日)に、体験稽古を開催します。
舞台の稽古を体験できる一日で、参加は無料になっています。
転機与砲の基礎稽古から、レクリエーションを交えたゲーム、小台本を使った本読みなど、様々な稽古の体験ができます。

演劇に興味があるけど、何をしたらいいのかわからない。
転機与砲ってどんなところなのか知りたい。

など、少しでも興味のある方であればきっと楽しめる1日になります。
是非、ご参加下さい。

詳しくは下記URLをご覧下さい
http://tenkiyohou.net/soultrigger/taiken.html


★事前に「jinji@tenkiyohou.net」までご連絡をいただけると幸いです。
★当日は、動きやすい格好・運動ができる靴・飲み物などご持参下さい。
★もし会場の場所などがわからない場合は、お迎えにあがりますのでお気軽にご連絡ください。



tenkiblog at 12:54|PermalinkComments(0)

2014年09月13日

SoulTrigger2014~その狂気の涯に君は何を見る~最後の稽古日報

どうもどうも、演出の芭蕉院弥勒です。残念ながら私は最後の稽古には参加出来ませんでしたが、全体のまとめとして書かせてもらいます。

稽古をはじめた頃に思ったこと。
うん、これは面白い芝居になる気がする。

実は稽古が終わった今も同じことを思っています。

本番で、お客様が入って、初めて舞台空間ができあがる。そこにどんな風が吹き抜けるのか…楽しみでドキドキします。
昔、ある方が言われたのですが、風は舞台から吹くんじゃなくて、お客様の方から吹いてくると。当時はキョトンとしてましたが、今は何となく意味が分かる気がします。

段取りが悪かったり、仕事で稽古にこれない演出をみんなが支えてくれたおかげで、本番を迎えることができました。
いつも公演を迎えると思うのですが…あなたが、みんながいたから、今、私がここにこうしていられるってことです。

ありがとう。

そして観劇に来られる皆皆様、乞うご期待ですよ。転機与砲のエネルギーを是非感じて下さいね。

草々


tenkiblog at 00:20|PermalinkComments(0)

2014年09月07日

9月7日(日)最終リハーサル

今回の公演では、舞台監督でもあります。嶺香です。
ストップウォッチ片手に稽古しています。

さて。
今日の稽古は、小屋入り前最後のリハーサル。

音響や小道具、武具はもちろん。
衣装もメイクもすべて本番通りにしての『ドレス&ヘア&メイクリハーサル』でした。

初演をご存じの方にはお分かりだと思いますが、なんと言ってもこの芝居、兎にも角にも着替えが多い!!

平均すると、役者一人あたりの衣装は約4.5着。
衣装の総数はなんと約80着…………。
(数えて、自分でビックリ。)

しかも。
どれも、凝った衣装ばかりです。
(煙さん、ありがとうございます!)

もちろん、衣装に合わせてヘア・メイクも変更します。
楽屋はもう、すんごい修羅場ですよ。

今日は本番を想定し、庄公民館を2部屋もお借りして行いました。
大きな部屋は舞台として。
小さな部屋は楽屋として。

2部屋の間を着替えに走る役者たち。
照明の当たらないところでも、全力で舞台を作っています。
こういう役者たちの「裏の顔」も、実はとっても魅力的なんですよ。

この姿を、来週ジーンズホールの舞台裏で見れると思うとウキウキします。
(お客様にお見せできなくて残念。)

……そう。。
もう、いよいよ来週なんですね。

役者たち全員が、2時間全力疾走で作り上げている舞台です。
ぜひ、見に来てください!!!
ものすごいエネルギーを感じていただけると思います!
これぞ、お芝居の醍醐味。


あ な た 様 の お越しをお待ちしています!

(あ。私も出ます。念のため。)




tenkiblog at 00:15|PermalinkComments(0)稽古日報