2014年02月

2014年02月24日

第16弾公演「空を見る人」閉幕

劇的集団転機与砲 第16弾公演「空を見る人」の幕が無事、閉幕いたしました。
これも力を貸していただいたすべてのスタッフ、そして関係各社様のお陰です!
本当にありがとうございました。

また写真などは後日掲載予定ですので、ぜひお楽しみください。

今回の舞台では株式会社フォーシーズン様のご協力の元、ファブリックと呼ばれる白い布を使用させていただきました。
そこに照明の有限会社スペース・アート様の黒木さんがLED照明を使って、美しい空間を作り上げてくださいました。
作家音也の、静かで幻想的な世界観を表現するために多大なご尽力をいただいております!
本当にありがとうございました!

美しい舞台空間で繰り広げられた、楽しくも切ない物語。
限界妄想のエンターテイメント性と、音矢の持つ条理だけでは語れない「人の命」というテーマ。
二人のコラボがあったからこそ生まれた今作品の醍醐味が、皆様の心に届いていると嬉しいです。

今公演は玉島テレビさんが撮影してくださっています。
また番組として放映していただけるそうなので、
ご来場いただいた方も、また会場に来られなかった方も、今公演をお楽しみいただければ幸いです。

次回作の公演は決定ししだい、またWEBページやTwitter、FaceBookなどで情報を告知いたします。

今公演に携わったすべての方に、多大なる感謝をこめて。

劇的集団 転機与砲一同。


tenkiblog at 17:30|PermalinkComments(0)from劇団員 

2014年02月18日

「空を見る人」最終稽古

 
 

本日は最終稽古でした。欠席の役者もいましたが最終リハーサルをしました。今まで間違えてなかったところで盛大にとちる人(主に私)もいましたが、でも大丈夫!リハーサルでとちったら本番は間違えないから!


 

2ヶ月という短い期間でしたが、なんとか舞台が完成しました。


 

どうしてもみんなと芝居がしたくてこの物語を書きました。幸いにもみんなに受け入れられたこの物語。稽古期間はいつもより短いけど、参加者も少ないけど、一人一人が出来ることを出しあって、協力しあってみんなとのかけがえのないものが出来ました。この作品が一人でも多くの人の転機になると信じています。


 

転機与砲の舞台を見てそれこそ転機を与えられた19歳の小娘は24歳の大人?になりました。その間に学校を卒業し仕事に就きそして仕事を辞めました。数々の環境の変化がありましたが必ず側に転機与砲がありました。仲間達と喧嘩をしながらもただここにいれるだけで幸せでした。


 

いつかまたみんなと舞台を作りたいです。そして、私の物語に命をくれたみんなにありがとう。転機与砲を支え見守ってくれる人達にありがとう。転機与砲の舞台を楽しみでいてくれるお客さまにありがとう。











 

いつかまた、どこかで。











 

乱文失礼いたしました。











 

音矢









































 

劇的集団転機与砲


 

山 響




 


tenkiblog at 11:51|PermalinkComments(0)

2014年02月12日

本番日まであと10日!

劇的集団転機与砲 第16弾公演「空を見る人」の本番まであと10日になりました!
さて、今回のお芝居。
新人脚本家・音也の作品を限界妄想が演出しておりますが、
一体どういうお話なのかわからないな~と思われてる方もたくさん居らっしゃると思います。
(限界妄想作品といえば「あんな感じか~」ってイメージがあるとは思うのですが)

そこで! 今回のお芝居の見どころを余すところなく(しかしネタバレ厳禁で!)お届けいたします。

1.今回の世界は「近未来」
今回のお芝居の舞台となるのは、科学技術が進んだ未来の、どのかの世界のお話です。
近未来ファンタジーとPRしているので、もちろん!

ロボが出てくる!

謎の兵器も出てくる!

そして○○○○○○も出てくる!


もう近未来ファンタジーという言葉が好きな人にはぜひ必見でございます。


2.エンターテイメント性
劇的集団転機与砲の特色でもある「エンターテイメント」として見れるお芝居。
もちろん今回も、エンターテイメント性を盛りだくさんでお届けしています!

舞台上で縦横無尽に繰り広げられるバトル。

思わず笑いが溢れるやりとりや仕掛け。

ドラマティックに展開していく物語。


90分という決して演劇としては長くない時間の中に、笑いも涙も盛りだくさんです。
なんだか新しいものに触れたいな、とか。
面白いイベントやってないかな、とか。
新しいデートコースを提案してみたいな、とか。
そんな気軽なノリでも絶対楽しめる、そんなお芝居に仕上がっています。

また、ペアでお越しいただくとお得になるペアチケットも販売中!
前売りのみでの取り扱いになりますので、「ちょっと行ってみようかな」という方はぜひ、ご購入をご検討ください。


3.織り込まれたテーマは「人の命」
今回の物語のテーマは「人の命」。
このテーマは普及の題材であるからこそ鉄板とも言えるもの。
しかしこの物語では綺麗事だけでは終わらせられないドラマがあります。

どんなドラマが待ち受けているのか。

その先に、どんな転機が待ち受けているのか。


ぜひ、お客様の目で、耳で、心で、受け取っていただければと思います。

----------------------------------


◆公演情報


劇的集団 転機与砲 第16弾公演

「空を見る人」



公演日時/

2014年2月22日(土)14:30~/19:30~

     23日(日)14:30~

場所/ 倉敷市芸文館 アイシアター

作/ 音矢

演出/ 限界妄想



チケット/

前売シングル 1800円

前売りペア 3000円

学生前売 1000円



当日シングル 1999円

(※学生チケットは前売のみでの取り扱いとなっております)





◆あらすじ

――ある冬の夜、その物語は始まった。

ずっと昔から繰り返されてきた隣国との戦争。

5年前の休戦宣言から長い冷戦状態に陥ったものの、人々は戦争のことなど忘れ、幸せな日々を送っていた。



ある冬の夜までは。



赤く染まった空。

人々の悲鳴。

繋がらない電話。

隣国の兵器「聖なる子」による攻撃で、その夜、一つの街が消え去った。



病による余命を宣告された兵士・ギルバートは、聖なる子の正体を暴く任務を与えられ、隣国へと旅立つ。

軍人としての死を求めるために――。



◆チケットや公演についてのお問い合わせ

 劇的集団転機与砲 WEBサイト

  http://tenkiyohou.net/

  ※WEBでのチケット予約を受付中です。


tenkiblog at 01:28|PermalinkComments(0)from劇団員 

2014年02月09日

2/8(土)の稽古(みねか)


雪ですね。


はい。雪ですよ。


皆さま、ご無事でしょうか?


今日は夕方5時から稽古の予定でしたが、朝からしんしん降り積もる雪。


一時は稽古中止の危機でした。


だけども、何とか昼過ぎには雪も止み「自由参加」ということで稽古が取り行われました(*^^*)♪


「自由参加」とは言いつつ、ほぼ役者全員が集まっての稽古ができました。


寒かったけどね。


ストーブ4台体制!!


さて。


稽古の内容は……


心の動きを細かく、丁寧に確認する感じでした。


まだまだ、役への理解は深められる。


もっともっと、愛や憎しみや怒りや憤りは繊細なはず。


「悩んで苦しみ抜いて生み出したものこそ、人に感動を与えうる」


えぇこと言うなー、団長。


本来は夜10時までの稽古でしたが、路面が凍結する前に撤退するため8時までで終了。


短い稽古でしたが、宿題のたくさん見つかった稽古でした。







tenkiblog at 16:53|PermalinkComments(0)

2014年02月06日

2月6日(木)の稽古日報 有賀


今日は粉雪が舞いちり、寒風吹きすさぶ非常に寒い日でした。つまり、……転基地内部は極寒のアイスゾーン、吐く息は白くポットのコーヒーが瞬く間にアイスコーヒーに変わる程の寒さに見舞われたと言う事です。(それはポットが安物なんだろ!)


そんな寒い中、照明のスタッフさんが見学に来られるとの事で何と無理やりの平日通しを敢行しました。平日は集まりも悪く稽古時間も短いため、通し稽古など出来ない事で有名なのですが、皆様仕事や家庭をやりくりしてほぼ全員が参加してくれて非常に賑やかな稽古になりました。


さて、稽古開始と共に、前回休んだ主役クラスの二人に変更点や確認点を返させて、殺陣や段取りを復習し、武器や小道具を用意して、いざ通し稽古を開始しました。


ここで突発イベント!『前説』の導入が発表され稽古無しで前説が開始。初見で台本を読む役者たち。ですが、慣れたもんですなあ、問題なく前説をクリア。我愛奈の一発芸も冴え渡り意気揚々と本編に突入します。


ここで緊急イベント!『音響』のCDが行方不明!まったく違う曲が入り舞台は一時混沌に包まれました。


色々あって通し稽古終了!


アクシデントやトラブルは多々あったものの、役者達の進化が垣間見えてきて、ここに来てようやく舞台に魂が宿りはじめてました!!


中身はすっとこどっこいなんですが、笑いと感動が生ぬるく入り出し、このまま暖めたら確実にいいものが生まれるだろうと言う手応えが感じられました!


残り稽古もあと僅か。この土日はラストスパートで芝居漬けの週末にしたいと思います。


ああ、あとこの土曜日の15時過ぎに、FM倉敷さんのスタジオから公演紹介をさせて貰える事になりました。皆さん、聞いて下さいね~







tenkiblog at 01:24|PermalinkComments(0)