2019年03月07日

3月6日 稽古日報(月邑)

月邑弥生です!
3月生まれじゃない、弥生ちゃんです(๑╹ω╹๑ )
コンゴトモヨロシク。


3月に入って、暖かい日と寒い日が交互に繰り返され、徐々に春の気配が近づいている気がします。
雨が今日は久しぶりによく降りましたね。
春の気配をほんの少し感じるような雨だった気がします。

今日も元気に稽古してきたよ!
IMG_1644

今日は木刀を使って、殺陣の稽古だ!
弥勒さんが考案した、よく舞台で使う剣殺陣の組み合わせを4パターン練習しました。

たしかに剣殺陣の基礎を組み合わせれば可能(なはず)の、殺陣なのですが、一つ一つのパターンに細かなコツのようなものが必要で、なかなかに私は苦戦いたしました。

みかんとエリーの鍔迫り。
IMG_1651

弥勒さんと百武で打ち合い。
IMG_1646

剣殺陣の基礎である素振りや八方の稽古をここ2ヶ月ほど定期的にやり、また剣殺陣の基礎であるフィニッシュ技の稽古なんかもこの一週間していたわけですが、今日は割とガチガチに打ち合う稽古。

月邑は長楽舞ちゃんと組んで稽古しました。
お互い最初はおっかなびっくりでしたが、稽古が進むに連れて少しずつお互いの力加減を理解していった気がします。
舞ちゃんとは今回の舞台ではかなり深ーく関わる仲なので、こういった稽古の中から、互いを理解できていけたらいいな。


読みは台本を持ちつつ、代役を立てて今まで後回しになっていたシーンをやっていきました。
最近はお互いの立ち位置や、少しずつ動きに関しても役者同士で意思を共有しながらシーンを作れるようになってきたかなぁと感じます。

読みだけから作る段階から徐々に基本的な動きの段階にステップアップしていってる最中なので、役のキャラクターや役同士の関係性など、徐々に考えることが増えてきました。

次回公演はガチガチのファンタジーだからこそ、役同士の関係性、役が持つ感情には説得力をもたせたいなぁと個人的には思っています。
もちろん、ガチガチに囚われず、ライブ感も大切にしたい。
欲張りかもしれないけど、演劇はライブだし、役者同士のセッションだと思うので、欲張れるだけ欲張りたい。

そんな事を思う月邑でした。



tenkiblog at 03:27│Comments(0)稽古日報 

コメントする

名前
 
  絵文字